ファイル 56-1.jpg

感想!
いい~気持ち~になれる一冊だおw

ホント、期待以上の面白さでした。
パパ聞き!の同人誌を脱稿するまでは、読まない予定でしたが、
結局2日間で断念w

10巻は短編5本入ってて、うち4本は電撃文庫MAGAZINEの再録らしいの
ですが、雑誌は読んでなかったので私にとっては新作。
1本はドラマCDに入ってた話でしたが、それでも原作ならではの
面白みもあってよかった~

蒼山サグさんという作者さん、よくこんな面白い話が量産できるなぁ~
もう、毎月、新刊がでるといいのに。
とか、ありえないお願いをしたい気分ですw
短編一本でもいいから、ぜひ毎月!

ちなみに、とらのあなさんで買ったら、”パパ聞き!”のショッパーが入ってた。
”ショッパーに”ではなく、通常の紙袋の中にショッパーが入ってたw
何か本末転倒感~
ファイル 56-2.jpg

あと、本に挿入されてた、このちらし。
ファイル 56-3.jpg

こ、これは・・・
可動もっかん!
アリかもw


ちなみに、パパ聞きのひなちゃん本の原稿、なかなか進まず・・・
あ、パパ聞きの原作も9巻まで読みました。
感想はまた次回にでも。

先週の月曜あたりから38.5℃くらいの熱でずっと寝込んでました~
一週間近くぜんぜん熱が下がらなくて、ただただ布団に包まってる日々。。。
今日、やっと熱が引いてくれて、少し頭痛はするけど何とか復活。
で、布団に包まりつつ、一部の大きなお友達に話題な新作、
スマイルプリキュアさんを見ました~

すばらしい~!
遅刻した転校生が駆けてくるという、今では深夜枠アニメのパロディ
でしか見られないようなシーンから始まり、OPのみで5人のキャラ設定が
しっかりわかります。
最近のアニメは、まず1話では視聴者を突き放すという手法が多く、
よくわかんないなぁ~というアニメばかりで疲れぎみ。
けど、スマイルプリキュアの1話は正統派のわかりやすさ第一タイプ。
実にキャッチーな展開で私の心を鷲づかみです。

そのほか、
制服がかわいい~!
変身コスチュームもかわいい!
5人の色(ピンク、オレンジ、黄色、緑、青)が私が好きな色の組み合わせでイイ!
(今回に限ってるわけではないけど)
今のところ、ピンクな娘が好み!(まだ、他のキャラほとんど出てきてないけど)
この娘↓
ファイル 55-3.jpg
でも、普段の髪型が巻いてて描くのは大変そう。
転校生がやってきた時に”うしろの席が空いてま~す”ってアニメでは
定番たけど、実際に空いてる席が教室にあるのは見たことないよね~とw

プリキュアシリーズの中でも、かなり期待できそうな1話でした。
あとこの枠はCMもコンテンツだお。
”ド・ミ・ソ! シ・ファ・ソ!”な女の子のCMの最後の方で
もじもじ~くるん~にぱぁ~
あたりは、もう、悶絶せざるを得ないよ!
ファイル 55-2.jpg
スマイル~

  • カテゴリー雑記

待ってましたよ!
と、ばかりに今日はクロネコさんが来るのを心待ちにしてました~
ジャーン!


ファイル 54-1.jpg

開けてみる~
ファイル 54-2.jpg

えーと、一応言っておきますがオサナは関西人でも、ましてや大阪人でもない
ですよw
生まれも育ちも関東です。
一応、関西以外の方に説明すると、”551蓬莱の豚饅”と言ってあちらではすごく
メジャーらしいです。
10年くらい前には大阪のイベントでコミックトレジャーというのに参加してました。
で、行くたびに、すごく大阪人な友人のてんてこさんに、お店に連れてかれて
食べた時からやめられない体になりました~w

箱を開けるとこんな感じ。
ファイル 54-3.jpg
隙間に入ってるのはからしです。
いつもは豚まん10個入りを2箱購入なのですが、今回は焼売も頼んだので、
10個入りと2個入りが3箱。

そしてこんな感じのジューシーさ。
ファイル 54-4.jpg
この写真は電子レンジで暖めた時のものですが、今日は久々だったので
一手間かけて蒸し器であたためました。
蒸し器だともっとふっくらしてます。

うまい!うますぎる!
(あ、違った、これは○○銘菓でしたw)
この時期になると常に冷蔵庫にストックして2日に1個くらいずつ、いただきます。
本当は毎日食べたいけど、ダイエットしてるから(T_T)
なので、とりあえず1箱残して、あとは冷凍室に入れてしまいます。
そして、それがなくなると、またお取り寄せ~

私の中では、豚まんと肉まんとはぜんぜん別の食べ物。
豚まん≠肉まん
オサナは関東で売られている肉まんも大好きですが、豚まんの具はシュウマイの中身みたいな感じで、竹の子とか入っててあっさりしてる肉まんとは全く違います。
単に、呼び方の違いじゃないです!
でも私も関西の豚まんって551しか知らないから、ホントのところはわかりませんw
551でも”叉焼まん”というのが売られていてそれは関東の肉まんみたいな味です。

ちなみに関東で入手できるものとしたら、ニッポンハムの”黒豚まん”というのが、まぁ、何となく近いかなぁ。
あれがおいしいと思ったら、551はさらにそれをおいしくしたような感じだと思えばいいです。

パパの言うことを聞きなさい!
昨日、アニメ版が放送されてたので見たお~

原作のラノベは前から読んでいたのですが、アニメでひなが
しゃべってるのを聞くとなんともふにゃふにゃ~w
なんてったって、3歳児ですからね~
この子で(えっちな)同人誌を創れるのは私達しかいないということで(w)、
お友達のてんてこ@バブルカンパニーと合体で2月のイベントでパパ大好き!
というイベントに申し込みました!
イベントのサイト-> http://www.puniket.com/papa/

ひなちゃんのえっちぃ~な本を予定してますwww

とりあえず、一枚描いてみた。
パイナップルヘアーは思っていたより難しいお~

おいた~ん!
はずかしいお~
ファイル 53-1.jpg

年が明けてからでなんですがw
先ほど帰ってきて、今日は久しぶりの長風呂。
ブースに来ていただいた方、ありがとうございました m(__)m
いろんな方とお話できて、なんかヤルぞーっぽい気分満タンです

今年はまんがとイラスト、とにかくたくさん描きます。
今年もよろしくお願い致します。

今日は天皇誕生日です。
無事にお誕生日を迎えられて、ホントによかったですよね。

さて、冬コミの新刊ですが、本文も無事入稿しました!
でも、まだ冬コミまでは本文のカラー化が残ってます。

オサナの同人誌をイベントでお買い上げいただいた方には
本文の全ページをカラーにしたPDFデータを限定特典として
おまけで付けてます。

これ、おまけだけど手間はかかってるんですよ~
そもそもカラーで描いて、それをモノクロにして本にすれば
いいんじゃないの~、とかのツッコまれそうですよねw
でも、それだとモノロク原稿としては映えないんですよね。
カラーをモノクロにしたデータにコントラストを調整して~
とかもの手もあるけど、何か違う。
結局、本用にはモノクロで仕上げて、PDF用としてはペン入れ
以後の作業を新たにやり直してます。

それと本文のサンプルをホームページにあげました。
http://momogumi.nanairo.com/nanairo.htm

今回のお話は、ずばり、”カルピス、ゴックン”です。
カルピスだけど、ちょっと柿っぽいテイストかもw

こんな感じです。

ファイル 50-1.jpg

えっとこのブログは一応、全年齢向けですので、
一部、切り取られてますw
R-18なフルバージョンはこちらのリンクです。
http://momogumi.nanairo.com/comic/cok045_h_800.jpg

今回はいつものピンク色調と少し違った印象にしました。
カルピスなんで、夏っぽく爽やかに。
まぁ、キャラポーズは爽やかではないかもw

ストーリはオリジナルで、みいなちゃんという女の子が大好きな
おにいちゃんになぜか(w)、えっちなことされてしまうお話です。
今回はえっちシーンがちょっと多めな仕様なのw

今回は11月にもっかんの新刊があったので、スタートが
ちょっと遅めだったから日程ギリギリです。
残すは本文のみ!
気力でがんばる!

追記~
ロウきゅーぶ!のゲーム、もっかん、あいりーんをクリアして、
今、まほまほストーリを進行中です。
でも、原稿の合間にやってるのでなかなか進まず。
早く原稿上げて、思いっきりやりたいよ!
もしかしたら、冬コミでロウきゅーぶのライトなコピー誌だすかも。

とりあえず、何も考えずに正直にやったら、ロリ名人でスポ1級。そして、もっかんのロリエンディングに。
ある意味、よくできてますよね~w

このゲーム、原作やアニメで、もっとみんなといちゃいちゃしたいなぁ~って思う人なら満足いくよ!

バスケの試合イベントは・・・いらなくない?w
攻略のコツとしては、
 まずはすぐにアイコンタクトで誰かを適当な位置に誘導。
 ボールを持った子の周囲に敵がいない場合はその子が
 ドリブルでゴールに 近づく。
 周囲に敵がいる場合、(囲まれる前に)誘導した子にすぐにパス。
 シュート確率が75%くらいなら積極的にシュート。
という感じで、いくといいと思います。
あと、葵さん強いので、直接対決にならないように避けまくるw

もっかんエンディングのエピソードはいいんですけど、オサナ的には、もっとラブいちゃなエピソードでもよかったなぁ~
やはりもう一冊、自分でえっちぃ~エンディングを同人誌で描かざるを得ない?w

ロウきゅーぶ!の智化本が完成しても、冬コミ新刊の入稿がせまってるので、
PSPのロウキューブができない今日この頃ですorz

とはいえ、時間を見つけては少しづつやってますの。

このゲーム、ローリとスポなるゲージがあるのですが、ローリばかり
上がってしまいますw
どうするとスポが上がるのかよくわかりません。
ファイル 48-5.jpg

そして、いつもローリゲージに爆弾がついて、ちょっとロリーな行動をすると
すぐにGameOverになっちゃいますorz
ちなみに、今はローリ3段、スポ3級ですよ。

オサナは携帯ゲーム機の小さな画面でゲームやるの苦手です・・・
なので、外部モニターケーブルをつなげます。

ファイル 48-4.jpg

これでもっかんの”ふぁぅ顔”が大きな画面で見れるおー

ファイル 48-1.jpg
ふぁぅ!

特にねらってるわけでもないのですが、なぜかもっかんの高感度ばかり上がるぅ
ファイル 48-2.jpg

外部出力ってゲームの場合はフルサイズにならないのね。
オサナはPSPを携帯動画プレーヤとして使っていたので知りませんでした。
このケーブルも旅行先のTVや車の中で使うために買ったの。
でも、ぐぐってみたら、フルサイズのスケーリング機能付のもあるのね。
あと、PS2用のコントローラを外付けするのもあるみたいだけど、品切れでした。
http://www.famicom-plaza.com/blog/2011/02/0210pspps2pspmax-wild-fire-gam.html
ほしいなぁ~

ゲームですが、ロウきゅーぶ!な世界観が出てて、やっててすごく
いい気持ちになれますw
特にもっかんの勘違いや反応ぶりは原作並みにイイです!

ちょっとだけイマイチなとこは、バスケの試合イベント。
なかなか勝てないです・・・
でも、これに勝たないとローリングのキャパが上がらないので、
GameOverになっちゃいます。
オサナも初めのうちは、試合はスキップできる選択肢もあるくらいだから、
適当でいいんだろうと思って負けてもそのまま進めていたら、ローリの
キャパがつねに足りなくなっちゃってます。
これからやる人は、とりあえずゲームは勝つまでやった方がいいですよ。

あと、なぜかグっとくる試合中のひなたちゃんのシュート姿

ファイル 48-3.jpg

ぷにケットで販売したロウきゅーぶ!の同人誌
”まったくブルマーは最高だぜ!?”を、書店のとらのあなさんに委託しました。
とらのあなさんの特集ページはこちらです。
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/00/79/040030007939.html

ちなみに商品紹介の文章は、とらのあなのスタッフさんが書いてくれてます。
この紹介をみるとすばるん、極悪人な雰囲気ですよw
まぁ、あらすじとしては間違ってはないんですけどね~w

とらのスタッフさん、ちゃんと本を読んでくださってるんですね~
勢いがあってうまい紹介文で感謝です。

ぷにケット、おつかれさまでした。
ブースに来ていただいた方、ありがとうございます。
新刊も無事頒布することができ、ほっとしたのと同時にやっぱりうれしい。
多くの方に来ていただき、冬コミに向けてやるぞーってな気持ちになりました!

あと、スケブ希望の方には、せっかくの依頼をお断りしてしまい
すみません。
速攻で描いた絵ではご希望に添えるレベルの絵が描けそうになく、
現状ではお断りしてますが、できるだけ近いうちに受けられるよう
にしますので今しばらくお待ちくださいませ。

今日の様子です。
ファイル 46-1.jpg

この写真には上の方が写ってませんが、後ろの看板にチクビさんの修正がなく、
主催の方が直々にいらっしゃって、
「チクビ関係の修正を~うまくやっていただけたらと~」
てな感じで控えめに対策をお願いされました。
下の方はハートでしっかり隠していたので上はすっかり忘れてました。
○○関係って表現が婉曲でいい感じですw

それと、ロウきゅーぶ!の本がやっぱり少ないんですよね~
ロウきゅーぶ!島はちゃんとあるのに、本が出てるサークルは数サークルのみ。
ロウきゅーぶ!は同人的には、あまり盛り上がらないんでしょうか。
オサナとしてはもう一冊くらいは描きたいんだけどなぁ

ちょっと執筆に忙しい毎日であまり更新してませんでしたけど、
もっかんの新刊も印刷屋さんに入稿して少しほっとしつつ
ロウキューブ!のゲームするここ数日ですw
まぁ、ゲームのレビューはクリアしてからじっくりということで、
今日は新刊のサンプルページの公開です。

えっと、ちょっと・・・かなりえっちぃなカットもあるので
リンクにしておきます。
18禁です・・・
18歳未満の人はリンクをクリックしちゃ、めっ! ですw

もっかん同人誌の新刊サンプル
http://momogumi.nanairo.com/comic/lkb044_s_a.jpg
http://momogumi.nanairo.com/comic/lkb044_s_b.jpg

初売りは11/13のぷにケットです。
お友達サークルのバブルカンパニーhttp://bubble-company.net/と合体スペースですよ。
会場や時間はぷにケットのHomePageでご確認を。
http://www.puniket.com/
イベントのみの特典として、この本をお買い上げいただいた方に全ページのカラーPDFデータのCDを特典で付ける予定です。
ぜひ、おこしくださいね。
よろしくです~

新刊の入稿ですが、ぷにケ合わせとしてはほぼ完成しました。
来週くらいにはサンプルも掲載する予定です。
まだ最終的な完成には至ってないのですが!
とはいえ、やはりこれははずせないと・・・

ファイル 44-1.jpg

予約もしないで、発売日(10/27)の当日午前中に店頭に購入に出かけたのですが、何やら限定版が見つからなくて、ちょっと焦りました。
予約分のみとかのお店もあったり。
出荷数が極端に少ないのか、意外に売れているのでしょうか?
オサナはゲームあまりやらない人なので、ちょっとこのあたりの常識がわかんないです。

とはいえ、何とか手に入れられた限定版。
智花ちゃんブランケットはちゃんとした厚みもあって、実用品として使えそうです。
冬コミ合わせの本では、いつもひざにもっかんをのせて描くことになりそうですよw

ファイル 44-2.jpg

ゲームのパッケージを開けてみると

ファイル 44-3.jpg

お~、UMDだぁ~
オサナはPSP本体は2台持っていながら、UMDは1枚しか持ってないのですw
ゲーム機としては使ってなかったんですよね~PSP。
初めてちゃんとした携帯ゲーム機としての機能を果たすことになりそうですよ!

で、ゲームの内容ですが・・・さすがに入稿終わるまではやってはマズイ
のですが、どうにもおさえがきかず、オープニングと初めの試合の3時間分くらいプレイしてしまいましたorz
まだゲームとしての面白さはわかんないけど、きれいえっちぃな絵で、テキスト(セリフ)はちゃんとロウきゅーぶ!ネタとノリしてて、もっかんがかわいくしゃべってくれて、原作やアニメにはまってる人なら楽しめそうな予感はします~

来週はちょっとプレイできるかも。
でも、その後はすぐに冬コミ合わせの本づくりだから、本格プレイはしばらくはおあずけになりそう・・・

結局そろった女バスのメンバー達・・・

ファイル 44-4.jpg
サキちゃんはどうしても頭突きになってしまう


それと冬コミですが、参加が決定しましたよ。

3日目(12/31) 東地区 G-37b なないろもも組です。
http://t.co/SyiC1BgJ

出展は今回のロウきゅーぶ!智花本とオリジナルのちっちゃな女の子本を予定してます。
よろしくです。

サンクリ予定のロウきゅーぶ!本ですが、間に合いませんでした。
イベントでの初売りは11/13のぷにケットに変更させていただきます。
現状、残すは本文のトーン仕上げ処理で完成する状況ですので、ぷにケットでの販売は確実です。
今しばらくお待ちください。
期待されていた方、まことにすみませんでした。

”まったく、ブルマーは最高だぜ!?”

ファイル 42-1.jpg

予告どおりのロウきゅーぶ!の智花本で、えっちな作品ですw 
サンシャインクリエイションで発行予定の同人誌の表紙です。 
配置:A23ホール/O-22b なないろもも組 

正直なところ、まだ本文の入稿終わってません。ペン入れもこれからorz
どうにも厳しい状況ですが、何とか発行できると信じてやってます。

マルモのおきてのスペシャル観ました。
やはり、愛菜ちゃんはかわいいなぁ~というのが、まずの感想w
でも、本編よりはちょっと出番が少ない気もして少しだけ残念。
このドラマはほんとに観ていて、楽しく前向きな気持ちになれます。
いい意味でエンターテインメントしてますよね。

ちょっと前にアニメの、”うさぎドロップ”を全話みたんですよ。
で、これって設定はマルモとそっくりなんですが、演出やドラマが違うと似たような設定でもこうも全く別モノになるものだなぁと感心しました。

共通点は設定とテーマ。
どららも、家族、親子、子育てとは何だろうというテーマですね。
本来、親という子供を育てる当然の義務のある立場でない独身男性の方が子供を育てるという設定で、子育てで発生するイベント(エピソード)を使いながら、そういったテーマを語ってます。エピソードもかなり似通った内容が多いです。

最大の違いは、味付け。
・マルモは、子供のかわいさを表現することが第一。
・うさぎドロップはテーマに対する葛藤(作者自身の?)を表現することが第一にみえます。
ですので、おのずと演出とドラマが違ってきます。

マルモのおきて
 ヒロインの女の子がかわいい(ビジュアル的にも)
 テーマの主張がほどよく軽め
 全体的に客観視点で書かれている
 リアリティがやや少ない
 
うさぎドロップ
 ヒロインの女の子は微妙にかわいくない(ビジュアル的にも)。すごくいい子ではあるけどw
 テーマの主張が前面に出てちょっと重い
 ほとんどが、大吉の主観視点で書かれている
 リアリティがある
 
普通は、同じような内容の場合、ドラマとアニメの関係としては逆になることが多いですよね~
うさぎドロップはテーマがあまりに前面に主張しすぎていて観ていて、ツラい。
だから、イマイチ、楽しめなかった。。。
子育ては大変だなぁ~、みたいな気持ちになりがち。
本来のその対価としての幸せ感の表現が薄い。

となると、うさぎドロップの実写版の映画を観てみたい!
主演もマルモと同じ愛菜ちゃんということで、どう書かれているのか。
実は、友人宅で”うさぎドロップ”ってタイトル聞いたときにどこかで聞いたことあるなぁと思ってたんですよ。
8月にトランスフォーマーの映画を見に行ったときに、しっかり、映画の予告版で愛菜ちゃんみて、絶対に観にいこう思っていた作品だったんですよね~w
原稿があがったらぜひ観にいきたいけど、その頃にはもうやってかなぁ。。。

(余談だけど、トランスフォーマーは濃かったよ。パフェを10杯いただいたようなお腹一杯な気分になりましたw)

おまけ。
何となく、意味もなく、智花ちゃんの”ふぇぇぇ顔”
ファイル 41-1.jpg