• 2013年12月登録記事

サンシャインクリエイション62
2014年2月9日(日) 11:00~15:30
池袋サンシャインシティ
なないろもも組 H-22a

ロウきゅーぶ!かオリジナル幼女本の新刊予定してます。

サークルカット

何とか入稿完了です。
1ページはこんな感じで至って普通ですが・・・
lkb062_p05.jpg


この後、疲れてすやすや眠る智花に何かしちゃいますw

さらに10月に出したコピー誌の、「浴衣でおしっこ漏らしそうな智花に何かしてあげるお話!」も再録した2本立てです。

今回は夏頃にあった商業誌の取り締まりの関係で、印刷屋さんの受付もかなり慎重。
初めて男性器に対する修正をお願いされて。
隠す修正の線を1本の線ではなく2本に追加してほしいと。
とはいえ、その基準がよくわからない。
のですが、作品のえっち度に影響するような内容でもないので、言われた部分に修正を加えました。

その他、本文のサンプルはこちらに掲載しました。
/diary2/catalog/view/LKB062

初売りは冬コミは3日目の12/31、スペース番号
なないろもも組 カ-24a

よろしくです~

パチパチパチ~
今回はいろいろあったけど、何とか表紙の入稿を。




あとは本文です。
いまだかつてないヤバめな感じですが、鋭意奮闘中です。

内容は、まほまほさんから紹介。

「もっかんに何するのさー!」
「ひどいよ、すばるんー!」

てな雰囲気です。

P.S.
ねこのしっぽに入稿で行くと毎回思うこと。
ブックカバーの宣伝ポスターのあおり文句。

「ねこのしっぽのカバーはスジ入れ加工つき!」

スジ入れ・・・

まぁ、反応するよねw

1ヶ月くらい前の話になりますが、これ購入しました。

DSC_4138a.jpg

例のごとくオリジナル特典付き。

感想とかいろいろ。

1巻も購入しましたが、他のロウきゅーぶ!の公式作品とはあきらかに雰囲気が違う。
具体的に言えば、ローリングなテイストがほとんど無いのです。
きららさんちに載ってるような、ふつうの4コマまんが。

設定からして、智花たちが5年生から6年生になってすばるんに出会う前までの話。
つまり、すばるんがいない。
すばるんがいないロウきゅーぶ!なんて、○○○のない○○○ようなもの?
不思議な設定です。
原作 蒼山サグ、とありますが、どの程度かかわってるのかなぁ。

私はわりと4コマまんがは読んでて眠くなっちゃう。
なんでだろう?
私、4コマの才能ないのかな?

とはいえ、それはそれで使い道があって「ロウきゅーぶ!よんこま」も、眠れない夜によく読みました。
すると、いい感じにロウきゅーぶ!気分で寝落ちできるのです。

2巻は1巻に比べると催眠効果は弱い。
初読の時も途中あたりから面白くなって一気に最後まで読めた。
1巻よりノリがよくなってるのかなぁ?
それでもあまりドキドキせずに智花たちに会えるので、気持ちを穏やかにしたい時に読みます。

2巻の巻頭カラーのカットはえっちっぽいです!
とても、気に入ってます。
(自炊用に剥いてます)

DSC_4146a.jpg

えっちなんだけど、ローリングではないですよね~

結局、面白いのかどうかわからないような感想に聞こえてしまうかもしれませんが、ロウきゅーぶ!愛があれば十分楽しめる作品なのでお薦めです!
特に智花ちゃんのかわいさは必見だよ~