• タグ 『 新着 』 の記事

夏コミに参加されたみなさんお疲れさまでした。
なないろもも組のブースにお越しいただいたみなさま、ありがとうございます。

ブログの更新がしばらく止まってしまい、コミケ頒布物の連絡もできず、すみませんでした。
夏コミの新刊はごちうさのチマメ隊のスク水本を出しました。
16Pのフルカラー本です。 

↓表紙です

gcu070_h_w350.jpg

 

今年の前半はあまり新刊出せませんでしたが、秋移行は新刊ラッシュになる予定~と。。。
次回イベントは10/2のSHT2016秋を予定してます。
10月~11月はたくさん、イベント参加する予定なのでよろしくです。

 

ごちうさ本の執筆で少し行き詰ってるのもあり、気分転換で。

IMG_2478a.jpg

↑見づらいですが、パネルにサインが入ってました。

公開後、1週間以上はたってて、さらに平日の昼間の回なので、混んではいなかったけど、それなりに席はうまってました。

とりあえず、結論。
すごくおもしろいです。
劇場に足を運んでみるべき1作かと。

ガルバンについては、私はTV版も観て、大洗に訪問する程度の愛着はあるのですが、TV版知らない人がいきなり観にいっても十分楽しめると思います。

まったく知らない人に説明するなら、「女子高生が戦車にのって競技として戦う」というお話。
発想としては、女子校生 + 男子系の競技や趣味 という定番パターンです。
例) 女子高生 + 軽音 -> けいおん、 女子高生 + 麻雀 -> 咲

ガルパン劇場版の見所は、現実世界で見たことない、想像できないようなアクション映像を見せてくれるとこ。
戦車がそんな動きができたとしたら、こんなすごいことになるよ! という感じ。
物理法則的にはありえない動きでも、それっぽいリアリティがあり、実にうまいバランスです。
今年の映画で例えるなら、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」と同じような類のおもしろさです。

ただ、登場人物が萌えキャラ的なデザインなので、萌えアニメにアレルギーがあるという方は、そこで敬遠されちゃうかもね。
私個人はそれでいいと思うし、私にとっては萌えでおもしろいさ倍増ですけどね。

ちなみに、戦車の知識は無くても楽しめる。
私は兵器や武器の知識はほぼ無し。
多分、戦車詳しい人が観たらもっと楽しめるのでしょうけど?

ストーリーはさほど凝ったものではないけど、飽きさせない一定水準を満たす程度の感動要素は入ってます。
(なので、仮にネタバレ状態で観ても、まったく面白さに影響はないと思う)

私は大洗は幼少期からよく知ってる土地というのもあり、知ってる場所に戦車が走るおもしろさというのもありました。
というわけで、めったに劇場でパンフレットなどは買わない私ですが、買ってしまいました。

DSC_6557a.jpg

右側は、劇場の入場時に全員に配られる色紙。
何種類かあるらしいですが、私はみほちゃんで大満足です。
バンフの内容は、TV版のあらすじ(12p)、劇場版の解説と設定資料、スタッフのコメント、物販広告です。
余裕のある人は、早めに劇場に行って購入し、TV版のあらすじまでのページを読んでおくといいかもね。
大画面と大音量に適した作品なのでぜひ、劇場での鑑賞をおすすめです。

ガルパン本のえっちネタがうかんできてしまってますが、ごちうさ本が完成するまで封印ですw
↓ちょっと、らくがきしてみた。こういう表情がイイです。

miho01.jpg